ニキビは潰さないこと

ニキビが出ると潰すのが常のようです。

しかし、跡が気になるから潰すな、と、いう説が主です。なるべく早めに治療するには、ニキビのための薬が一番効能があるかと思います。潰したニキビ跡も治ります。洗顔後に化粧水・乳液を塗って、ニキビのできているところだけに薬を塗るようになさってください。

ニキビというのは潰してしまっても良いのでしょうか。

実は、潰しても良い状態のニキビと潰してはいけない状態のニキビとがあるのです。

潰しても良いニキビの状態というのは、肌の炎症が落ち着いてきて、膿が白くなり盛り上がってきている状態のものです。こんなニキビの状態は、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になりますから、針や専用危惧を使って行なうのであれば、潰してしまっても問題ないでしょう。元々にきびは皮膚により毛穴が目詰まりを起こして、炎症を起こしています。乾燥肌だと皮脂が少ないことから毛穴の目詰まりは起こらないように感じますが、実際のところはそうではありません。皮脂の分泌が異常に低いと肌は乾燥することを防ぐために皮脂を大量に分泌します。

結果、毛穴が目詰まりを起こしてしまってニキビがになったらいうことです。毛穴などが目立たないキレイな肌を保つには乾燥させないことがとても重要になります。特に肌がすぐに乾燥してしまう方は基礎化粧品はしっかり保湿してくれるものを選んで肌にたっぷり水分を与えてあげましょう。顔を洗って汚れがしっかり落ちたらすぐに化粧水をつけて肌に水分を与えて、それから乳液やクリームなどで保湿しましょう。

もしあなたが、少しでも若々しくいたいと望むのは女性であればある程度共感して頂けることだと思います。実年齢にくらべて若く、とまでは言いませんが、やはり年齢対策は考えていたいものです。昔からよく使われてきた馬油は保湿・菌を殺す力が強く、血行を活発にする効果もあり、シワを消す効きめが実際あると言われています。美肌の秘密はズバリ、肌の水分量をいかに保つかといえると思います。高い水分量ならば生まれ立ての赤ちゃんのようなハリのある肌になります。手をかけてあげないとあっという間に蒸発してしまうでしょう。潤沢な化粧水でお肌を湿らせたら、馬油クリームで十分に膜を作ってあげるのが一番です。先日、毛穴の黒ずみ対策として、クレンジング、洗顔を違うものに変えました。地中海の泥を用いたクレンジングというもので、これを使用して優しくマッサージをしつつ洗顔をすると、毛穴に詰まった汚れがしっかり落ちるようです。

そうして使い続けていくうちに、目立っていた黒ずみが気にならなくなってきました。

なので、なるべく早く全ての毛穴の黒ずみをなくしたいと思います。ニキビが炎症を起こしてしまった場合、洗顔などで少し触っただけでも痛いと感じるようになります。ですから、ニキビが炎症を起こしている時には、いくら気になるからといって指で触るのは絶対にやめてください。

指で触ると痛いだけではなく、雑菌が指から入ってしまい、もっと炎症がひどくなる可能性があるのです。ひどいニキビができた場合は、洗顔石鹸を使ってピーリング(恋人や夫婦でペアでするのもステキですね)をしています。ピーリング(恋人や夫婦でペアでするのもステキですね)を始めてした時には、肌がわずかにヒリヒリとしました。そこで、なぜか怖くなってしまってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そのヒリヒリ感がきれいさっぱり消えて、とてもきれいにニキビが改善できたのでした。それ以来、ニキビが出るとピーリング(恋人や夫婦でペアでするのもステキですね)をするよう心がけています。ニキビが繰り返されるときは、単に一般的なニキビケアをするのでは無くて、ニキビの本来の原因を排除する一番適した方法をしていかなければなりません。ニキビが繰り返されるりゆうとしては、ホルモンバランスが崩れたり、食習慣が乱れたり、合わない化粧品が肌に負担をかけているなど、色々な原因があります。

なぜニキビが繰り返されるのかをきちんとしり、その原因にあった方法でケアをしましょう。